サステナビリティ部員塾

サステナビリティ(SUS)部員塾とは

<< 8月~下期(実践編)の早割申込開始しました >>

1.サステナビリティ(SUS)部員塾とは?

2020年代に入り、企業とサステナビリティ(持続可能性)を巡る動きが急になってきました。2020年10月に菅首相が「2050年カーボンニュートラル」を宣言し、日本も遅ればせながら「脱炭素」に向けて国を挙げて取り組むことになりました。人権とサプライチェーンを巡る問題も各地で頻発しています。

なにより、2015年に国連サミットで採択した「SDGs」(持続可能な開発目標)が日本でも浸透してきました。ESG(環境・社会・ガバナンス)の概念も金融界や上場企業の間で広がってきました。

ただ、こうした潮流の中で、「SDGsとESGとCSR(企業の社会的責任)の違いが分からない」「SDGsにどう取り組んでよいのか分からない」などの声も増えています。

株式会社オルタナが2011年にスタートした「サステナビリティ部員塾」は、SDGs、ESG、CSRなどの「サステナビリティ領域」を体系的に学ぶとともに、国内外の先進事例(20社程度)もご紹介し、受講企業の皆さんに「サステナビリティ経営」推進のための知見とノウハウを共有して頂くのが目的です。

■主な内容

サステナビリティ経営、SDGs、SDGsアウトサイドイン・アプローチ、ESG、CSR、脱炭素、カーボンニュートラル、再生可能エネルギーとRE100 、サプライチェーンと人権問題、ダイバーシティ経営、統合思考、統合報告、ESG情報発信とIR戦略、海洋プラごみ問題と循環経済(サーキュラーエコノミー)ほか

■2021年度のカリキュラム一覧はこちら

■これまでの受講者一覧はこちら

2011年以来、これまで延べ約500社700人の方に受講頂きました。

2.開催日時

月に一度(水曜日)、終日(10時頃〜18時頃)をかけて、オンラインで行います

上期(基礎編)
CSR初心者向けに基本的な知識を伝授します
着任後2年以内のCSR担当者が対象です。
4月〜8月までの1ヶ月に1回、計5回開催いたします。

下期(実践編)
CSR実務担当者として必要な実践的知識やノウハウを伝授します。
着任後2年以上のCSR担当者または上期受講者が対象です。
10月〜翌年2月までの1ヶ月に1回、計5回開催いたします。

詳しい日時と内容はカリキュラムをご覧ください。

カリキュラムを見る

3.受講料

上期(基礎編)全20コマの受講料は1人122,100円(税込)、下期(実践編)全20コマの受講料は1人165,000円(税込)です。それぞれ、早割、ペア割、NPO割、1コマ受講、回数券があります。特典として全コマ受講の場合は、CSR検定テキスト(データ版)と受験料が無料になります。(上期は3級、下期は2級)

受講料の詳細はこちら

4.お申し込み方法

こちらのホームページからお申し込みください。

お申し込み

5.ご案内(PDF)

部員塾に関しての冊子もご用意しております。
下のボタンより部員塾に関してのご案内(PDF)のダウンロードが可能です。(webページと同じ内容になります)
ご自由にご利用ください。

PDFダウンロード

6.主催

株式会社オルタナ

7.お問い合わせ・ご連絡先

株式会社オルタナ 担当:金子
電話:03-6407-0266
E-mail:csr(a)alterna.co.jp
※(a)を@に変更して送信ください。

お問い合わせフォーム