サステナビリティ部員塾

講義レポート

株式会社オルタナは4月21日に「サステナビリティ部員塾」17期第1回目をオンラインで開催しました。17期の参加者は54人と、前期から大幅に増えて過去最多になりました。当日の模様は下記の通りです。17期のカリキュラムはこちら

➀CSR/SDGs/ESGの基本的な理解 「サステナビリティ経営とは(CSR/SDGs/ESG)」

時間: 10:00~12:00(自己紹介含む)
講師: 森 摂(株式会社オルタナ代表取締役・オルタナ編集長)
冒頭はご出席の皆さまより一言ずつ自己紹介をいただきました。
その後、森からサステナビリティ経営の概要を共有しました。

【主な内容】CSRの歴史的経緯から、CSR、SDGs、ESGなどのキーワードと、企業の取り組みを解説した。コーポレート・ガバナンス・コードの策定(5月)や、SDGsの採択(9月)、パリ協定(12月)などは、すべて「サステナビリティ元年」とされる2015年に起きた。これらが、現在の企業のサステナビリティ活動に大きく影響している。Z世代と呼ばれる若者が企業やブランドにより誠実さを求め、企業への信頼やE Sにも影響するなど、企業と社会の関係性も変化している。グローバルでの脱炭素の状況や「カーボンプライシング施策」と、企業の動向、またバックキャスティングとフォアキャスティングを比較し、企業の目標設定のあり方について検討する必要がある。

SDGsに関する国連のアクションに関してはアナン元事務総長の取り組みを「3つの贈りもの」として紹介。企業がサステナビリティに取り組むべき理由を挙げる、ESG/CSRに取り組まないことは企業にとってリスクだが、新規ビジネスのシードも社会課題から見つけていく「アウトサイド・イン」の発想が重要だ。

講義レポートをもっと見る

お申し込み方法

こちらのホームページからお申し込みください。

お申し込み

お問い合わせ・ご連絡先

株式会社オルタナ 担当:金子
電話:03-6407-0266
E-mail:csr(a)alterna.co.jp
※(a)を@に変更して送信ください。

お問い合わせフォーム